気軽にブログを楽しむ

大学生の日常

お金持ちになるのを目指すのは楽しいけど、お金持ちになったら楽しいのか

 

あなたは今お金持ちですか??

 

とまぁ訳の分からない質問をされても困りますよね…。

 

多くの人は、誰でもお金持ちになりたいものです。

 

しかしお金持ちになったら果たして幸せになれるのでしょうか??

 

よくグラフで、年収1300万から先は幸福度は変わらないといいます。

 

僕はそれを身を持って体験してみたいのです。

 

 

小金持ちは浪費家は本当か?

小金持ち



 

よく小金持ちという言葉がある。

 

物欲があり、お金がたくさんあるものの、そのお金を次の投資に使わず自分の娯楽のために使ってしまう事を指す場合が多い。

 

基本的にこれはマイナスの印象を与えられている

 

しかし本当にこれはあまりいい事ではないのだろうか?

 

確かにお金がお金を産むため、浪費せずに次の投資をした方が、よりお金持ちになれる可能性は高くなる

 

でも、ちょっとお金持ちになり自分の好きなものを買って楽しむというのは相対的に見ると幸福度が高いのではないのだろうか?

 

実際にかの有名な元ZOZOTOWNの前澤元社長は、物欲で色々な物をすぐに購入するがいまだにお金持ちのままだ。

 

これは、自分が欲しいものをどんどん買うことによって、それを買うために必要なお金をさらに、稼がなくてはいけないので、自分で自分を上げる裏技にもなるということだ。

 

また別の解釈もできる。

 

単純に物欲だけがあり、お金を持っていても色々な物を書い結局貧乏になってしまう人もいる。

 

しかしこの人をも僕は別に失敗だとは思っていない。

 

なぜならば物欲のままに購入した際に、もしかしたら一生分の幸福度を味わっているかもしれないからである。

 

もちろん長期的に見れば幸福度の配分を誤ってしまているのかも知れない。

 

しかし相対的に見れば幸福度は他の人たちと何ら違わない気もする

 

 

実はお金の使い方で一生の幸福度はかわらないのではないか

お金 使い方

 

こんな事を言ったら偉い人に怒られるのは不可避だが、

ぶっちゃっけお金の使い方で一生分の幸福度に差はないのではないか?

 

本などで紹介しているようなお金の使い方をすれば、お金持ちになれたり、将来的にゆっくりと幸福度を味わうことができるかも知れない。

 

しかし1つ1つの幸福度は小さい

 

逆に物欲のままに物を買ったりするなど、本などには書かれていないような事をした場合は、長期的な幸福を味わうことができる確率は低いかも知れないが、1つの幸福度が大きい

 

お金という物は難しいものだ。

 

あなたもどのように使っていくかを考えてみて欲しい。

 

本に書いてあることが必ずしもあっているとは限らない

TechAcademy 無料体験でプログラミングを学ぼう!