気軽にブログを楽しむ

大学生の日常

コロナウイルスで美意識が低下するのではないか【自宅待機】


はいどうもただの大学生kaiseiです。

 

この記事は自分が思った事を書いていくだけの記事なので下記のような人向けの記事となっております。

 

  • コロナウイルス関連の意見が聞きたい人
  • すぐ物事を他人に流されない人
  • 自宅待機でやる事がない人



上記の方向けに書いていきます。

 

これから書く事は個人的で、しかもペーペーの大学生が勝手に書く事なので鵜呑みにしないで笑いながら読んでください!

 

自宅待機で美意識がなくなる

 

コロナウイルスのせいで、かなり長い時間を自宅で過ごす事になりましたね…。

自宅待機している中で、自分の生活習慣に沢山の変化が訪れた方も多いのではないでしょうか?

 

例えば…

  • 朝起きる時間が遅くなった。
  • よく夜更かしをするようになった。
  • 動画をひたすら観るようになった。

 

どうでしょうか?

 

この生活習慣に変化が起きる中で、美意識の低下が起きるのも1つのポイントかなと感じました。

 

自宅待機中は、人と会う事がないために美意識の低下が著しくなるはずです。何故ならば、もともと美意識を持つ理由は少なからず承認欲求による物だという研究が発表されています。

人と会わないとなると、わざわざ自分を磨く必要がない。と思う人が多いのもそのためです。 

 

美を磨くのは今がチャンス

 

これは勝手な予想ですが、美を磨くのは今がチャンスだと感じています。

 

美という定義は「美しいもの」という事だと僕は定義しているのですが、これは人によって解釈の仕方が違うと思います。

 

この記事を読んでくださっている人の多くは、主に「容姿」の事だと思われている人が多いと思います。

 

しかし、ある人にとっては「内面」を美としている人もいるかもしれません。 

また、ある人にとっては「才能」を美としている人もいるかもしれません。

 

それらの美を磨く事の理由は「他人に自慢したいため」=「承認欲求」という原理なのです。

 

だから先ほど紹介したように全ての事柄における美を磨く人はこの自宅待機中は少なくなると勝手に予想しているのです。

 

そしてこの 風潮は逆にチャンスとも言えます。

 

今、美意識を磨くという事はレッドオーシャン(あまりやっている人がいない競争相手が少ない状態)です。

 

この期間に承認欲求だけを「美を磨く」原動力にしないで、「自分の中で美を磨くことの楽しさ」を原動力にできる人は、自宅待機が終わった瞬間に得をすると思います。

 

 

まとめ

 

 文章力がないので、何を伝えたいかが明確でない可能性があります。

 

 

だから、最後に「僕が考えるやるべき事」を記しておきます。

 

 

  • 自分の中での「美」を見つける
  • その「美」を追求する

 

 

少しでも伝わる人がいてくれたら嬉しいです。

 

ちなみに僕は筋トレですね… 【筋トレ初心者】筋トレは毎日やれ!【筋トレ毎日歴2年の僕が気づいた大切な事】

 

 

本日は以上です。