気軽にブログを楽しむ

大学生の日常

「マレフィセント」映画レビュー

マレフィセント

f:id:peternoburogu:20190928205329j:image

 

 

 

評価

 

9点/10点

 

 

滲み出る悪の美しさに善を忘れる映画

 

 

 

アンジェリーナ・ジョリー主演のこの映画、既に2も控えていますよね…

 

 

 

最強の映画です。

 

 

 

まず、眠れる森の美女を見ていない人は見た方がいいかもしれません。

 

簡単に要約すると、、、

 

悪役である、マレフィセントは果たして本当に悪なのか?

 

 

 

というテーマの映画です。

 

 

実際、眠れる森の美女とは多少違いがあります。

 

 

 

しかし、それもまた素晴らしさの1つでしょう。

 

 

この物語のとてもいい所は、

ディズニー

の武器である

 

 

 

音楽

 

 

という物にさほど頼らず、完璧なまでの

 

  • 演技力
  • ストーリー性
  • なんとも言えない美しさ

 

を兼ね備えていました。

 

 

この映画では、

 

 

悪とは何なのか?

 

を沢山考えさせられます。

 

まるで、アナキン・スカイウォーカーがダースベイダーになった時のようなイメージです。

 

 

(わからない人はごめんなさい😭)

 

 

誰にでも心の中に悪が潜んでいます。

 

ただ、

 

というものの定義はどこからなのでしょうか?

 

 

誰かに危害を加えたら?

 

嘘をついたら?

 

 

 

でも、それが愛のためだったら??

 

 

 

そんな事をこの映画を見ながら考えてみると

 

最高の映画

 

であることがきっと分かるでしょう!

 

 

本日のレビューは以上です。

 

 

ブログ村でランキングバトルしてます!どうぞ清き1票を! にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク