気軽にブログを楽しむ

大学生の日常

イソップの思う壺  ネタバレ無し

私は、映画がとてつもなく好きで

 

月5本くらいは軽く見ている

 

そんなこんなでこれからレビューもしてきたいと思う。。。

 

今回は


上田慎一郎監督『イソップの思うツボ』予告編

 

 

 

3点/5点

 

 

 

この映画は、「カメラを止めるな」の監督らが作成したもので3人の監督が一緒に作成するという前代未聞の映画だったため、とても気になって、観に行った。
 
 
 
 
この映画の感想を述べるとすると、正直「カメラを止めるな」を越すことはやはりできていなかったような気がする。
 
 
このような映画の大事な部分でもある。「どんでん返し」がやりすぎてよくわからなくなってしまうという状況に陥ってしまっているのである。
 
 
 
 
最終的には、ああなるほど!となるようにできていたものの、少々回りくどかったような気がする。
 
 
この映画の最大のポイントは、伏線回収というほどの伏線が貼られていなかったことが大きなミスである。普通、伏線というものは、『あれ?何でこうなっているんだ?」という物語の中で観客が疑問点を見出す所から始まる。しかし、この映画では疑問点というよりかは、ここは伏線回収しに来るだろうな。。。というもはや訳のわからない部分が多々あったように感じてしまった。
 
 
 
 
この映画の感想少し辛口で書いているが、正直、個人的にはもう少し「笑い要素」が欲しかった。。。
 
 
 
それでも、やはり普段の確実な映画よりは「どんな感じになっているのだろう」という期待が持ててとても面白い気分を味わえたことは言うまでもない。